子どものころは、自分の存在をそう思っていた。 そのことをふと思い出した。 私がかかわる人は、みんな不幸になる。私の大事なものはいつも壊される。わたしなんて生まれてこなかったらよかったんだ。いなくなっちゃえばいいんだ。悪魔の子なんだ。そう思っていまし…