今までそんなに気にしなかったんだけど、神社はまぁ、神様を祀ってあって、宮は天皇を祀ってあってと思ってるだけだった。大社はなんだかわからなかったけど。そしたら、詳しく書いてあったので、なるほど~と思ってみていた。

DSCF1441

↑これは高千穂神社。(宮崎)

私のなかでは、神社と宮のエネルギーが違うので、自分の中で行く場所というのが、神社がほとんどで。。。その人その人で、居心地のいい場所が違うように、私の場合はどちらかというと、先祖代々というところより、神様と祀られている場所の方が居心地が良い。

 

以下引用

神社は、日本古来の神をまつる一般的な施設のことです。一方で「大社」は、元はといえば島根県の出雲大社(いずもたいしゃ)のみに使われる呼び名でした。しかし19世紀末以降になって、奈良県の春日大社(かすがたいしゃ)や長野県の諏訪大社(すわたいしゃ)ほか、大社と呼ばれる神社が増えてきました。

この大社という社号は、第二次大戦前まで使用されていた全国の神社を格付けしたもので上位に位置する神社の中でも、全国に多数ある同名の神社をとりまとめる役割を持った神社を指し、確かな歴史のある神社であることを示しています。

神社にまつられている神のことを祭神(さいじん)と呼びます。この祭神が皇室(こうしつ)の祖先であったり、皇族(こうぞく)と縁(えん)の深い神社を「神宮」と呼びます。天照大神(あまてらすおおみかみ)がまつられる三重県の伊勢神宮(いせじんぐう)を筆頭(ひっとう)に、明治天皇(めいじてんのう)がまつられる東京の明治神宮(めいじじんぐう)などが有名です。

「宮(みや・ぐう)」と名のつくところも、一般的に神宮と同じく皇族と関係の深い神社です。こちらは親王(しんのう)と呼ばれる天皇家(てんのうけ)の男子を祭神としています。また、歴史上の重要(じゅうよう)な人物をまつった神社にも、伝統的に「宮」がついています。有名なところでは、徳川家康(とくがわいえやす)を祀った「東照宮(とうしょうぐう)」や、菅原道真(すがわらのみちざね)を祀った「天満宮(てんまんぐう)」があります。

今さら聞けない「神社・大社・神宮・宮」の違いとは https://matcha-jp.com/jp/1229

色々調べると面白い★

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中