DSC_0267

今日、受け取ったメッセージ。

そっかぁ。なんかわかってるようでどこかわかってないよな。今日来られた受講生さんは男性ですが、いつもなんだか波長が私的に合わず、避けていた。というのも、以前の受講生さんで(私は夜しか来なかったときにお昼来られていた方)時々、聞きたいときに時間関係なくやってきて、ただ聞いてから帰るという(お金払わず)方法で来ていた方だった。長時間になるときは、お金払って行ってらっしゃるけど。基本的に突然予約もなくこられるというのを当たり前にしている時点で(以前受講生さんだったから完全予約制はご存じだったはず)私的に、どこか許せない。これじゃいけないと思っていたんだ。だから得てではない部類の人でした。

でもしばらくいらっしゃらなくって、先日来られた時に、入会しなおしたいということをお聞きしたので、正直あ。。こんな質問攻めが毎度続くのかなぁ・・・とか思って。テンション若干下がり気味になった自分もいた。でもね、仕事だしって思って。接していくと、私が聞いてほしいところはきちんと聞いてくださるし、それどころか復習・予習までしてこられるという努力家さん。あぁ。私、その時の状況だけで人を判断していたなぁ・・・って。

たしかに、当たり前 常習犯の人はたくさんいて、そのくらい教えてくれていいだろ!あんたたちはさっさとそれができるんだから!得意なんだから!と言われることもあります。まぁ言い返しますけどね(笑)「ええそうです。それが職業でお金もらっていますので、タダ働きと同じ状態になってしまいますよね。なので、お時間予約してきちんと受講されてくださいね」ってお伝えしますが(笑)それでも、電話だけで聞いて来ようとしたりする人も無きにしも非ずです。見えないものの対価って難しいですね。自分の世界にそれがなければ、見える物品=対価と思ってるならば、なかなか理解してもらえない時も多々あります。

そんなグループに所属しているように感じていた方のタイプだったので、どうしてもどこかにそのイメージがこびりついていた。17時半からのレッスンなのに、17時に来られたのですが、その時「え。なんでこんな早くくるの。」って自分の中でやだなぁ~がまた出てきた。

でもね、そのかた、私がおなかすいてるだろうって思って、早めに焼き芋作ったからあたたかいうちに食べさせようと思ってって持ってきてくださったんです。なんか、いろいろそういう目で見てしまった自分に深く反省しました。それと同時に気づきました。やっぱり自分の中で男性に対する嫌悪感がぬけなかったことに。というか、父親に対する根深いトラウマがどうしても抜けてなかったんだろうと気づきました。もう少しバリア外していけたらいいんじゃないかと自分ですごくすごく思いました。なんだかね、今まで当たり前に見ていたのは、私のほうだったんじゃないかと。そして、今までの視点に当たり前化をしていたとこから外れている出来事が多々最近あるのでそれに気づいています。これも大きな気づきでした。

おとなになったかなぁ・・(苦笑)

写真は我が家のネコ。

ちょっと今問題児。なので、ネコの声を聞いてもらおうと思って、ヒーラーさんに予約打診しているところです。解決すればいいなぁ。。よくしゃべるのです。文句いうように。だから、何を訴えているのか知りたいのです。