ほぼ日手帳届きました。

待ちに待った新しい手帳が昨夜届いた。久々にワクワクしながら商品が届く感覚を思い出して自分にびっくりした。

頼めば当然やってくるもの。とこのネット社会で通販というものに慣れすぎてしまって、それが当たり前の感覚になっていたことに気づかされた。手帳は注文はデジタルだけど、描くのはアナログだ。やっぱりどちらかに偏ったら私的にはダメだと思う。いいところどりをしたい。(笑)

箱がかわいい。

箱からワクワクする。

あ!おまけがついてた。ミニ百人一首。はて?何につかうべきか(笑)しばらく悩んでみよう。

そして、以前ほぼ日手帳を初めて使ったときについてきたボールペンがめっちゃ使いやすくて、それ以来ずっと替え芯しながらも、使いすぎて折れたりとかいろいろしながら、代々ただいま第5世代目です(笑)誰かに貸したりしたときに”あぁこれめっちゃ使いやすい!”と言われるので、自分が作ったわけではないけれど、みょーに嬉しくなるボールペンなのです。配達してくれた郵便やさんは、またもやいつものユニークな郵便屋さんで、音楽についていろいろ話していった面白い局員さんでした。

  • カバー・オン・カバー オリジナル用
  • カラーズ/パイン/カバー&本体セット(オリジナル・A6/4月・日曜はじまり)
  • 3色ボールペン(ジェットストリーム)uni(おまけ?)
  • ほぼ日の百人一首(おまけ?)

カバーを取り付けて、その上にさらにカバーを取り付けて(カバーオンカバーですね笑))のりぴ先生のシールを入れてみた。このカバーオンカバーをすることで、間に好きな写真やらなんやらかんやら(笑)自分でアレンジできるのがうれしい。裏面は口が空くようになっているので、そこから差し込むこともできるのがとっても便利。本当によく考えて、一つ一つがアイテムなのがほぼ日手帳のすごいところ!

裏にはポストカードなども。ちゃっかり魂活ステッカーも入れてみた♪

↑こんな風に差し込みできる。もちろん口は閉まります。

互い違いのベルトにボールペンをさすことで、手帳が開かなくなるバンド代わりになるところがすごい!

いろいろ入れるの巻(笑)

ミカエルお守りも☆

今日のいろいろを記憶録代わりに、そして書くことで自分と向き合う時間に。

ちいさな百人一首。なんに使うべきか(悩)

家で仕事するようになって、手帳に書きたいことがたくさんあったので、今までのでは役不足になってしまった。こうやって書くことで向き合ってみて、自分が今日何をしたのか、だれとあったのか、そして感謝すべきこともかけてありがたいです。

ブログも書くのは好きだけれど、それとは別に手で書くというのが楽しい。書くことを忘れないためにも手帳に記していこう。手帳とお友達になれますように。

Related Post

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA