手帳を友(共)にする。

以前ほぼ日手帳を使っていたのですが、オラクルスケジュール帳を使うようになっていたのだけど。その時の仕事具合で使う手帳は変わるんだなぁ。と改めて実感しました。

5月から本格的に家で仕事するようになってからは、今までのスケジュール帳では逆に不便になってしまいました。なので心機一転手帳も4月はじまりでほぼ日手帳にすることに!チャックタイプがボールペン紛失事件(笑)にならなくていいかな~と思ったんですけど(見てたらこれをお財布・手帳までできそうな~とか浅はかな考えを(笑))カバーだけはいつでも購入可能なので、ひとまず1番目を引いた黄色のシンプルなのにした。

https://www.1101.com/store/techo/

この商品はこちらから

コロナの影響もありますが、仕事以外でどこへ行ったとか。誰とあったとか。その日思いついたこととか。最近とっても忘れっぽいので(苦笑)描いていこうかなって思っています。それが私にとっての今”自分と向き合うこと”な気がするので。

嫌な情報はみなくていい。ってフレーズが何度も私にメッセージを寄せてきます。やっぱりFBは私にとっては必要ない場所だし。あまりにもエネルギーがたまりすぎてる場所で開くと頭痛いです・・・(笑)そう!三蜜以上よっ!(笑)

どこだったかぁ。最近何かの欄にかかないといけなかったのですが、(思い出せない・・)友達ていう項目。必須項目だったのですが、そこだけどうしても書けなかったのです。私には昔からどうしても、友達というところの定義がわからなくて。便宜上(相手のことを友達という表現で)そういう場合が多々あるのですが。知人や知り合いというのもなんか遠すぎる。きっと私にはメンバーや仲間という名前の方がしっくりくるのです。控えめに!?(笑)友人とは言いやすいですけどね。それで、なんてそこに書いたかというと・・・”友達の定義がわかりません”と書いた気がします(笑)これって私の中の波動というかしっくりこない感なんです。なんだか友達という言葉が宙に浮いているのです。私だけかもしれませんが。ずっとそう感じるのです。これは私の中での話なので、しっくりくる人はそのままお使いでしょうけどね。

友達について検索したら

互いに心を許し合って、対等に交わっている人。一緒に遊んだりしゃべったりする親しい人。友人。朋友(ほうゆう)。友。「友達になる」「遊び友達」「飲み友達」

コトバンク

勤務、学校あるいは志などを共にしていて、同等の相手として交わっている人。友人。

Google検索

でした。なるほど。仲間で検索したけど。ある意味私の中ではそっちの方がしっくりくる。これは一生にかけてそういう風にしていく仲間であると。

そう思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Back To Top